今回はゲームプレイ企画としてiOSタイトル「Mass Effect Infiltrator」をレビューします。
プレイ環境はiPad2です。


プレイする前に私個人としては、タッチして遊ぶゲームに対してものすごい抵抗感がありました。
コントローラー操作ではないゲームはどうなんだろうという気持ちがかなり強かったと思います。

まずゲームをストアからダウンロードしました。
オンラインでゲームを買うことになれると、店に買いに行くのが面倒になりますね。

ゲームを起動するとまずプレイ環境の推奨がでてきます。


a7

ヘッドフォン推奨とのことですが、持ってないのでそのままプレイしました。



a1

タイトル画面は、いたって普通。
今回は導入部分である「惑星表面」を説明します

プレイしてすぐに操作方法の説明があります。
タッチして遊ぶFPSは初めてだったので操作にかなり時間がかかりました。
説明は詳しくしてくれます。



a2

映像は非常に綺麗。
音も悪くないです。ヘッドフォンをしているとかなりの臨場感がありそう。
iOSゲームもここまで進化してたんですね。
移動操作は普通のFPSですが、アクション部分がタッチ操作。
敵は単調ですが、操作が難しい!



a3

クリア画面です。
チャプター毎に戦果を見る事ができます。
最初はやられまくったので最低評価のようです(笑)



a4

進むにつれて敵が複数でてきたり、いきなり登場したりと判断力の問われる操作が必要になってきます。
初プレイなので結構しんどかったです。



a5

チャプタークリアするとそのステージを選んで遊べるようになります。


このゲームはFPS視点のタッチゲームとなっています。
基本的な移動操作は家庭用のFPSゲームをプレイしているような感覚で操作できますが、アクション部分はほとんどがタッチとなっていて、FPSを昔からやってる人にはやや不満なのかな?という印象。
初めてFPSに触れる人には何の抵抗もなくプレイできるかと思います。

とにかく映像が綺麗でiOSでFPSを楽しみたい!という人にはなかなか入りやすいゲームかと思います。
ただストーリーが子供向けではないので中高生以上の方にオススメします。
価格も現在(2012/03/24)600円と安めなのでiOSでFPSをやってみるならまずこのタイトルをやってみてはどうでしょうか?オススメします。





----------------------------------

この記事はiOS専用ゲーム「Mass Effect Infiltrator」のリリースにともないエレクトロニック・アーツが行うブログレビュー企画に参加して書いています。 本企画への参加及び記事掲載は無報酬ですが、レビューのために本タイトルの提供を受けています。また、事実誤認の修正ならびにこの文章の掲載以外、メーカーから記事の内容に対する関与は受けていません。



スポンサーリンク